発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方 単行本 – 20

発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方

発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方


辛いことが多いのは、感謝をしないから。
苦しいことが多いのは、自分に甘えがあるから。
心配することが多いのは、今を懸命に生きていないから。
行き詰まりが多いのは、自分が裸になれないから。

口噛み酒は男性がやると腐ってしまうそうで、なぜ男と女が存在するのか納得。
8世紀初頭に書かれた文献『大隅国風土記』には、「くちかみの酒」の条があり、「男女一所に集まりて 米を噛みて さかぶねに吐き入れて」とあり、『古事記』には「この御酒を 醸みけむ人は その鼓 臼に立てて 歌ひつつ 醸みけれかも 舞ひつつ 醸みけれかも この御酒の 御酒の あやに うた楽し ささ」とあります。

現代風に訳せば、米を噛んでは吐き、噛んでは吐きしながら、その壺の周りを舞っていたと推測されます。

映画『君の名は。』でも、水宮三葉は巫女として舞いながら、口噛み酒の儀式を行っています。



「考える」という語源は、カタカムナ文献によれば、「カムカエル」。
「考える=カムカエル=神に還る」


●不二
1 仏語。対立していて二元的に見える事柄も、絶対的な立場から見ると対立がなく一つのものであるということ。
2つとないこと、唯一無二だと思っていた。競争原理としての差別性を行っているのだと。
でも違ったかも。
対立していると感じられることも、もと、源流は同じで一つのものである。ということ。一つの。

重要なモノゴトを語るときの5つの作法

重要なモノゴトを語るときの5つの作法

作法1:単純に語る (シンプル最強)
作法2:対比で語る (比較で明快に)
作法3:三点で語る (要点は3つに)
作法4:四象限で語る(概念は構造化)
作法5:五感で語る (感性に訴えよ)
おまけ:第六感に従う(直感はお守り)

企業変革力 単行本 – 2002/4/13 ジョン・P. コッター

企業変革力

企業変革力

●ビジョン
「みんな立ち上がれ。おれに付いてこい」専制君主
「我々は移動しなければならない。そのプランは、まず1人が立ち上がり、リンゴの樹を目材して進む。それから、個々が等間隔で追従する。決して走ってはいけない。」マイクロマネジメント
「もうすぐ雨になるよ。あそこのリンゴの樹のしたまでいって雨宿りをしよう。濡れずにすむし新鮮なリンゴをランチにできるかも。」ビジョン

●チームに望ましくない資質
極めておおきなエゴをもっていいる人。
賢く自分の弱点を理解し、他を認め、目標にたいして自己犠牲するような人は、核廃棄物程度の影響力しかださない。
蛇のような人材。
チーム内の相互信頼を破壊する。悪口。





生涯学習して自力でのびるやつは。
 1.高い目標と向上心
 2.学ぶ謙虚な心
 3.オープンな態度
 4.リスクをあえてとる行動
 5.他人の意見に傾聴する能力




●サイモンシネック
もし不安や不審感があれば、私達は自分を守るために時間とエネルギーを費やさざるを得なくなります。それが組織を弱体化させる原因なのです。組織の中に安心感があれば、自然にお互いの才能と力を合わせてがむしゃらに働き、外部の危険に立ち向かってチャンスをものにできるでしょう。

ボブは「仲間の一部が大きく苦しむより、皆が少しずつ苦しむ方がいい」と言ったのです。この発言で従業員の士気が上がりました。結果として会社は2000万ドル節約できました。

繰り返しますが、誰よりも先にリスクを冒す人間こそリーダーにふさわしいのです。部下が安心できるように考え、自らは犠牲になる選択をする人間こそリーダーと言えます。そして、選択によって自然と人々が皆のために犠牲を払うようになります。皆のために、血と汗と涙を流してリーダーのビジョンを実現させようとします。「なぜ他人のために血と汗と涙を流すのか?」と問われたら、「彼らも自分のために同じことをしたでしょう?」と優秀なリーダーは答えるでしょう。優れたリーダーがいる組織で働きたいとは思いませんか?




「関係の質」とは、なんでしょう?
   
たとえば、相互理解や相互の尊重が得られ、信頼関係が培われていること。
率直なコミュニケーションや意見交換がなされていること。
躊躇なく自己開示がおこなわれ、相手の成長を促すためのポジティブ・フィードバックがなされていること…。
この他にも、関係の質を上げるための要因はたくさんあることと思います。
その職場独自の、「関係の質」を向上する方法があるかもしれません。
 
「関係の質」が上がることで、クリエイティブなアイデア、多様な視点でのアイデア部分最適よりも全体最適なアイデア、納得できる意見などが生み出されてきます。
すなわち、「思考の質」が向上します。
  
多様なアイデアのなかから選別し、仲間との信頼のなかで試すことにチャレンジしてみる。
失敗をおそれずに、自分から行動してみる。
これが、「行動の質」の向上です。
 
さまざまなチャレンジの結果として、「結果の質」の向上が期待できるでしょう。
お客さまもメンバーも、満足度があがったり、働く環境が良くなったり、感動が生まれたりします。
    
皆でアイデアを出し合い、協力して行動したことで「結果」が出たとしたら、さらに「関係の質」が上がることでしょう。

自分の仕事をつくる (ちくま文庫)

自分の仕事をつくる (ちくま文庫)

自分の仕事をつくる (ちくま文庫)


黒澤明
セザンヌでもダ・ビンチでも長いことかかって絵を描いている。
下手な絵描きはすぐかきおえちゃう。あの人が見ているものを僕たちは見ていないわけ。
あの人が見ているものは違ってて、だからあんだけ一生懸命描いている。
自分に本当に見えているものを出そうと思って。


リュック・ベッソン
映画グレートブルーのリュック・ベッソンジャン・レノ、音楽のエリックセラは、
撮影が始まる2ヶ月前から、地中海の海を巡りながら毎日ダイビングを繰り返した。
主人公はどんな気持ちで海に潜るのか、自分たちはなぜこの映画を作るのか、
なぜ作らなければならないのか。語り合い、感じ、体験を深く共有した。


ファシリテーター10ヶ条
ファシリテーションは、より効果的に働かせるためのテクニックではなく、
働き手自身がよりよく「働く」こと、それを可能にする支援技術である
1.主体的にその場に存在している
2.柔軟性と決断する勇気がある
3.他者の枠組みで把握する努力できる
4.表現力の豊かさ、参加者の反応への明確さがある
5.評価的な言動はつつしむべきとわきまえている
6.プロセスへの介入を理解し、必要に応じて実行できる
7.相互理解のための自己開示を率先できる、開放性がある
8.親密性、楽天性がある
9.自己の間違いや知らないことを認めることに素直である
10.参加者を信頼し、尊重する
ワークショップ(中野民夫)より


鷲田清一
例えば企業での仕事を考えてみる。ある事業(プロジェクト)を立ち上げるときに、
まず利益(プロフィット)の見込み(プロスペクト)を考える。
その見通しが立ったら計画(プログラム)を作り、
生産(プロダクション)に取りかかり、
販売が上手くいけば約束手形(プロミソリーノート)で支払いを受ける。
そしてこの事業が会社の前進(プログレス)に寄与して担当者は昇進(プロモーション)が待っている。
できすぎなほどプロの羅列。プロとはラテン語で前とか先という意味。
このように私達は未来の決済を前提に、その準備としていまなすべき事を考えてきた。

Tokyo Work Design Week 会社が学び舎になる日

http://twdw.jp/programs.html
働き方は「ひとつ」だけじゃない。
“Tokyo Work Design Week”





〜企業が開かれた場を提供する意義〜

いま、企業による場づくりが花盛りだ。コワーキングスペース、オープンイノベーション拠点といったハード空間から、ハッカソンやアイディアソン、アクセラレートプログラムといったソフトの場まで。自前主義に限界を感じた企業たちは新しい芽を探して、今こぞって場を外に開き始めたのだ。


さらにはその「場」を事業ではなく、見返りを求めない学び舎として開く企業まで出てきた。CSRでもなく、自社の新規事業創造に留まるでもなく、企業が未来のために場を開き、学びを提供する意義とはいったいなんだろう?


そこで実際に場を提供する様々な領域の企業を招き、そんな問いを探っていきたい。

アパレル業界にあって新たな場や学びを提供するベイクルーズ、UX/UIオンラインスクールを開講したDeNA、新しい世界を担うリーダー育てんとする孫正義育英財団。奇しくも渋谷に居を構える3社が場を開く意義について語る。

-----------------------------------------------------
9プリンシプルズ 伊藤穰一
4つのP
Passion
Project
Peer
Play

教育より学び
学びの機会を提供するのです


●武田 加奈子(たけだ かなこ)
株式会社ベイクルーズ 人財統括 グループ人事セクション マネージャー

Start up Camp
社長がそれを体現する写真 錦織圭、五郎丸、野球侍ジャパン



●須藤 三佳(すとうみか)
一般財団法人 孫正義育英財団 事務局

ソフトバンクアカデミア
場に集うメンバーがこのコミュニティ自身に価値を感じてもらえる


●上田 龍門(うえだりゅうもん)
株式会社ディー・エヌ・エー システム&デザイン本部 デザイン戦略部 部長



トップダウンXボトムアップ
 孫正義トップダウン
 南場陽子のトップダウン
 Delight U


DeNA
 シェイクハンズ
 クロスジョブ=30%兼務していいよ
 副業

・場の整え方の秘訣
・場所を作っても機能しない
・原体験

・きっかけと抜てきのバランス
 きっかけも大事
 抜てきも大事


ソフトバンク
 前提は本人の意思
 自ら手を挙げたものにチャンスを


発掘・抜てきはどうやっているか =人材データベース
willをcanにする =研修の場を若手に
意思決定者のスキル向上策 =経営層の研修・合宿スタイルで。失敗経験成功経験を。

かかわり方のまなび方

単行本 – 2011/2/12 西村佳哲 (著)



これは面白かった。素晴らしい。と言うより自分とこの本との出会いのタイミングが良かったのかも。
企業内共創型のファシリテーションをする人は読んだほうがいい。
メンバーの創造性を引き出す、あるいは湧き出たせるファシリテーションが肝要であり、
小手先のメソッドやプロセスでリードすることを主体としてはいけない。
大きなイノベーションを期待するならば、自分ごととしてやりきる自分から湧き出るビジョンが必要です。


memo--------------

・子供たち一人一人の感じはクラスごとに違っていて、それは担任の先生が醸し出している感じ。
 周囲への関心レベルが芳しくない先生のクラスは子供のエネルギーもそんな感じに。
 好奇心や興味関心が強く応答しようとする先生のクラスの子供はそのように。

・同じことを同じようになっても、やる人が違えば結局、別のものになる
 宮田誠
 僕は一人の前でも百人の前でも同じように話せる人間でありたい。
 自己一致を損なわずに存在する事。

・ワークショップとは。
 その場に居合わせる人がすべて能動的な自己変革者になるような場

・互いの存在を生かして本人が本人のことを取り組む、試みと創造の場

・聞いたことは忘れる。見たものは憶える。体験したことは理解する。発見したことは活用できる。

・パーソンセンタードアプローチ
 カール.ロジャース
 悩ましさや難しさを抱えてやってくる患者に、自身を中心に据えた関わり方の必要性を主張
 「共感」、「無条件の行程的尊重」、「自己一致」の3つが治療に必要と説いた。

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法

・考え方=マインドセット
 考え方は、筋肉のようなもの。努力や経験次第で強く鍛えることことができる。
 チベット語には創造性やクリエイティブに相当する言葉がない。いちばん近いのは自然。つまりもっとクリエイティブになりたければ自然であるだけでいいい。

・失敗にたいする恐怖で身動きがとれなくなるにではなく、あらゆる体験を学習のチャンスととらえられるか。
・創造性に対する自信があれば、不確実な状況を受け入れ、すぐさま行動に移せる。
・仕方なく状況を受け入れたり、他人の言いなりになったりするのではなく、自由に本音を語り、既存のやり方に疑問を投げ掛けられる。
・いままでよりも勇気を持って行動し、粘り強く課題に対処できるようになる。

・ジョージハリソンとポール・マッカートニーは同じ高校の同じ音楽の先生に習ったが、特別良い成績をもらったわけではなかった。先生は二人の音楽家としての創造性に気づかなかった。そういうもの。


・人は人を育てない。課題が人を育てる
 自分でチャレンジ課題を設定できる人材がグッド。